利用者の声 | 人材紹介アイ

利用者の声

松崎正さんの場合
合格体験談
働きながら税理士を目指す方、勉強一本で目指す方その他色々な方が合格を目指して日々努力されていると思います。将来において必要な知識がこの業界にはあると思い、簿記など一切わからない状態で、働きながら資格学校に通い税理士業界に足を踏み入れました。
冷静に考えれば無謀な挑戦でしたが、限られた時間で効率よく勉強する方法を模索して合格を勝ち取ることができました。今では税理士事務所に転職し勉強と実務の違いに戸惑いながらも周りからの支援を頂き楽しみながら仕事をしています。
合格を目指される方に少しでもお役に立てればと思い、私自身の勉強体験談を記載させて頂きます(あくまでも資格学校を利用した勉強法です)
勉強体験談

<9月〜4月までの勉強方法>

@ 計算に関してはどの科目でも共通で、学校のテスト問題を繰り返し解く。単純なことですがすごく効果的です。個別問題を何度も繰り返す必要はなく、むしろ総 合問題をのみを繰り返し解きなおす。総合問題は単に解くのではなく、いろんな角度から解く。例えば、模範解答から自分で問題をつくる。出題者の意図が少し でもわかると、本試験で出題者の意地悪な問い方にも対処できます。

A 基本理論はとにかく毎日声を出して繰り返す。出題ランクの高いものから暗記。10回声を出して読み、1回書く。読むだけでは絶対忘れる。近年の本試験は応 用理論問題が主流ですが、応用理論は個別理論の集合体。私自身は基本理論の完成度を90%目指していました。それより、項目挙げ(柱挙げ)は100%にし ました。

B 働きながらではモチベーションが試験日まで続かない。集中できないときは丸一日思いっきり遊ぶなどして気分転換してください。本試験でも難問にトライして 時間を失う人がほとんどだと思いますが、焦る中での気持ちの切り替えができる人は難問に時間を掛けないのでやはり合格率は高いと思います。

 

<5月〜6月>

C 資格学校では直前トレーニングの時期。全国トップクラスの成績でも本試験で合格しないのは、本試験独特の雰囲気に自分自身が負けてしまうからです。わかっていてもできないなら、この時期が最もよい訓練時期です。

私の場合、答案練習120分を100分に設定し確実に点数が取れるよう訓練しました。通学受講だったので意図的に20分遅刻し自ら焦る気持ちを持たせ、本試 験さながらの状況を作りました。通常なら正解する問題も時間が無いため解答できなかったり、簡単な問題もミスしたりで散々な結果が続きますが、これらのミ スを克服することが合否の分かれ目だと思い、「間違いノート」を作り次の答案練習まで一読しミスを繰り返さないよう常に心がけていました。

 

<7月>

D 試験日の3週間前には本試験レベルに到達できるようにする。到達できなくても直前に新たなことを覚えない。今まで覚えた内容を忘れないように繰り返す。理論は特に新たなものに手を出さないように。
E 体調を崩さないこと

 

<試験日>

F 直前期で訓練したことが意識しなくても発揮できると思います。焦らず難問は回避し、得点ができる問題を優先。
G 難問な理論について白紙回答をしない。必ず最後に項目だけでも記述する

努力をしても必ず報われる簡単な試験でないからこそ、自身の立場や性格を分析して、時間が無ければ効果的な方法を考え無駄な時間を費やさないよう、テレビなどは部屋から排除し見ないよう努めていました。勉強のやり方は十人十色なので、あくまでもご参考程度に。

税理士業界に就職して

実践においては、法人税と所得税と消費税は必須で、この三科目を習得すれば少なからずとも決算は組めると思います。未経験の私が就職してすぐ決算書を作成しているので・・。可能であれば相続税も勉強したほうがよいと思います。
就職先にもよるみたいですが、M&Aや再生案件などに関連し株式評価やC/Fなどのスキルも必要かと思います。
社会に出れば学校にいって学ぶのは卒業なので、自ら勉強し知識を得ていくことを心がけて日々の仕事に励んでいる毎日です。

 

受験される皆様へ最後に申し上げたいのは、税理士試験はマラソンと同じで途中挫折する人もいると思いますが、絶対に諦めず合格のテープを切ってください。勝利の美酒をいつまでも味わえますので!!

一覧へ戻る
電話番号:06-6374-8466
ページトップに戻る
関西の会計事務所への人材紹介に特化
人材紹介アイ
〒531-0071 大阪市北区中津1丁目18-18 若杉ビル3F
TEL/FAX 06-6374-8466(代)/06-6374-8467